• 診療時間:月曜、火曜、木曜、金曜、土曜のAM9:30~PM1:00/pM2:30~PM7:30 休診日:水曜・日曜・祝日

    ※第一日曜日は矯正歯科のみ診療

    ※駐車場15台完備しています

  • 当院からのお知らせ

矯正歯科

矯正歯科とは

八重歯や出っ歯に代表されるような悪い歯並びを不正咬合と言います。不正咬合を放っておくと虫歯や歯周病になりやすく、また上下の歯のかみ合わせを狂わせてしまうので、頭痛や肩こりの原因となることもあります。
この不正咬合の状態から正しいかみ合わせへ歯を誘導させること、ナチュラルな口元、明るい笑顔を創りだすこと、それが矯正治療の大きな役割です。良いかみ合わせから健康が生まれ、さらに美しい口元、自信に満ちた明るい笑顔も生まれます。

矯正を行う時期

矯正を行う時期については、個々の症例で大きな差があり、一概には言えません。しかし、早い時期に治療を開始することが望ましいです。
近年、歯並びや咬み合わせの異常が顎関節や全身にまで悪影響を及ぼすことがわかってきました。
その異常をよく咬める正常な形に治す方法として、歯の生えかわりが進む成長発育の盛んな時期に、歯の生え方や顎の成長等をコントロールしてその完成に導く矯正治療法があります。
永久歯列期から始める従来の矯正法に比べると、早期に始めるこの方法の利点は、小臼歯を抜く割合が少なくなること、歯の根の吸収がおこりにくいこと、口元をよりきれいに仕上げることができること等です。
大人でも矯正は可能ですが、子どもの時期とは異なるため、手術を行う必要があることもあります。

矯正治療症例

出っ歯(上顎前突)

上あごの発育が大き過ぎたり下あごの発育が小さすぎたりする時に生じる症状で、上顎前突といいます。
前歯による正しい下あごの位置決めが行われにくいので、関節に負担がかかってしまいます。口が閉じにくく無理に閉じようとすると、顎に梅干しのような皺ができます。コンプレックスにつながることも多いため、治療することをお勧めします。

0
出っ歯(上顎前突)の治療経過画像

出っ歯(上顎前突)

上下の噛み合わせが悪い場合、矯正をせず、かぶせもの<補綴>をすることにより、噛み合わせも改善され、見た目<審美>も良くなります。

0
出っ歯(上顎前突)の治療経過画像

受け口(反対咬合)

反対咬合(受け口)とは、下の歯が上の歯より前に出て、噛み合わせが反対になった状態を言います。
反対咬合の人は、食べ物がよく咬めないだけでなく、聞きとりにくい話し方になることもあります。
お子様の場合、低学年(7~9歳)であっても、受け口と判断される場合は、受診をお勧めいたします。
その時期であれば、比較的良好な治療結果となることが多いと思います。成人の方の治療は可能ですが、側貌で過成長な下顎の状態が残る場合が多く、重度の場合は外科矯正の適用となります。

0
受け口(反対咬合)の治療経過画像

乱ぐい歯(叢生)

叢生(乱杭歯)とは、顎が小さくて、歯が生える場所が足りなくなり、押し合いへし合いして歯並びがデコボコに なっている状態です。日本では、「かわいい」との声(?)もありますが、機能的には、しっかり咬めていない 状態です。お子様の場合、小学校なかばの混合歯列期(9~11歳)での受診をお勧めいたします。 その時期であれば、非抜歯での治療が可能となるケースが多くあると思います。成人の方の治療も、もちろん可能 です。ただし、成長終了後であれば、抜歯を伴うことが多くなります。

0
乱ぐい歯(叢生)の治療経過画像

開咬

開咬とは、上下の歯をかみ合わせたとき、前歯や横の歯の間に隙間があいていて、かむことのできない状態です。
これは、指しゃぶりや舌の癖などの悪習癖や、鼻疾患による口呼吸などが原因で生じることがあります。
これらの悪習癖が歯の位置を移動させ、また、開咬の状態がこれらの悪習癖をつくりだすという悪循環を繰り返します。
なんらかの原因があって開咬が認められる場合、ほうっておいても自然に歯がかみ合うことはありません。歯は、口腔周囲の環境が調和しているところ、すなわち、歯列弓の外側にある口唇や頬筋と、内側にある舌の力のバランスが調和している所に並びます。開咬であるために口腔周囲の悪習癖をつくりだし、またその悪習癖が開咬という形態をつくりだすという悪循環を繰り返します。

0
開咬の治療経過画像